ほくろの特徴を把握する|危険なほくろの見分け方

切除法で治療をする

ドクター

女性の場合、顔などの目立つ部分にほくろが発生してしまうとそれがコンプレックスになってしまうことがあります。また、ほくろの中にも悪性腫瘍があるので、気になる人は皮膚科などでカウンセリングを受けて治療を行なうことがおすすめです。ほくろは状態や種類によって適切な除去方法が異なってきます。クリニックに行って、ほくろに関する専門的な知識を持っている医師に診察をしてもらい、最適な治療プランを行なえるように慎重に検討を進めていきましょう。

ほくろの除去方法では主にレーザー治療と切除法があります。ここでは切除法について確認してみましょう。この切除法は、大きくて盛り上がったほくろを除去するために適しています。ほとんどのほくろは平たいですが、中には盛り上がった状態のほくろを持っている人もいます。この場合だとレーザーでの除去は難しくなっているので、メスを使用した切除法で綺麗にほくろを取ることが可能ですよ。基本的な治療の流れとしては、まず施術前に麻酔と消毒を行ないます。ほくろを切り開くので痛みを感じてしまうことがあります。そのため、必ず麻酔や消毒を行なって除去治療に取り組むでしょう。身体に負担がかかるので、体調を万全の状態にしておくことが重要です。次にほくろを除去していきます。切除法は、文字通りにメスを使用して行なう治療法です。ほくろの根本部分にある組織までちゃんと除去するので、再発の恐れはありませんよ。そして除去が終了したら、縫合をします。治療の際に皮膚を切り取る必要があるので、専用の糸を用いて皮膚同士を縫合します。傷が完璧に治るまでは糸を入れておき、回復したらクリニックにて抜糸してもらいます。抜糸後のアフターケアとして、クリニックによっては術後に経過を確認しながら傷のケアを行なってくれます。ほくろを完全に消すために患部の検査もするので、術後のクリニックに通えるように時間を確保しておきましょう。ここまでが、ほくろは切除法で治療する流れになります。すべてのほくろがこの治療を行なうわけではないので、参考として確認しておくと良いですよ。コンプレックスのほくろを除去するだけでも自分に自信がついて、今後の人生がより楽しくなるはずです。ほくろ除去は大がかりな施術ではなくて、結構気軽に行えるので、色々と検討してみましょう。