ほくろの特徴を把握する|危険なほくろの見分け方

レーザー治療とは

婦人

発生する場所、大きさによってはコンプレックスや悩みの種となってしまうほくろですが、昔はメスを使用した除去が一般的でした。ですが、最近ではレーザーによるほくろ除去に取り組んでいる皮膚科や美容外科が急増しています。レーザー治療では、メスによる除去治療と比較してみると肌への負担も少なくて、痛みが気になる人でも安心ですよ。レーザー治療では色々な種類があります。その種類を把握して、自分に適した治療法を見つけましょう。

まず、レーザー治療の中でも一般的なのが、炭酸ガスレーザーになります。この炭酸ガスレーザーではメラニンを含むほくろの細胞全体を瞬時に蒸散させることが出来ます。そして、ほくろを削り取って除去を行ないます。炭酸ガスレーザーを行なう前に、まず最初にほくろが悪性ではないかの確認と検査をして、治療が始まります。次にQスイッチレーザーがあります。スイッチレーザーは黒い色に反応する特徴を持っており、ほくろの色を徐々に薄くします。最終的にほくろを除去していくことが可能です。ですが、1度で完全に治すことは難しいので、間隔を置いて定期的に治療を行なう必要があります。あとはダイオードレーザーがあります。これは脱毛でもよく使用されていて、黒い色素に反応します。熱によってほくろの細胞を蒸散させていくシステムでほくろを除去します。このダイオードレーザーは、色々な医療機関で行なうことが出来るのが特徴になっています。

レーザー治療の種類を色々と見ましたが、施術を行なっても完治まではどのくらいかかるのかなど気になると思います。ほくろの除去後は大体3~7日ほどテープや絆創膏などで患部を保護します。レーザーの種類によってこの保護期間の日数が変わりますが、基本的に勝手に保護期間を自分で決めつけないことが重要です。必ず医師に相談を行ない、指示を仰ぐようにしましょう。この保護期間をしっかりと守って、アフターケアを行なえば綺麗に完治することが出来ますよ。また、除去しても再発してしまった場合があります。色素の深い部分にあるほくろは除去しても再発する可能性が高いです。施術を行なう皮膚科や美容外科によっては、アフターフォローの一環として、一定の期間内の再発であれば無料で再施術をしてくれることもあります。そのため、再発する可能性も考えて、アフターフォローがしっかりとしているところで施術を行なうと良いでしょう。